前へ
次へ

けがのリハビリのために鍼灸治療を受ける

骨折などのけがをしたときには外科的な治療を行うでしょう。ひどい状態なら手術が必要でしょうし、手術でなくても患部を固定するなどが必要になります。長い間通常の動きができないためにギブスを外すと筋肉が弱ってかなり細くなっているときもあります。骨がきちんと固まれば一応歩行はできますが、筋肉が弱い状態なので骨折前と同じようには歩けません。無理に歩こうとすると骨に負担がかかってまた折れてしまうこともあります。けがをして完治をした後に鍼灸治療の利用を行ってみましょう。病院などにはリハビリを行う部門もありますが、基本的には治れば退院をしなくてはいけません。そのあと通常通り歩くためには自分でリハビリをしないといけませんが、なかなか回復できないときもあります。鍼灸治療を行う鍼灸師は体の不調を鍼や灸を使って直してくれますが、リハビリがしやすいようコンディショニングを行ってくれます。自己流でリハビリをするより早く回復できるかもしれません。

Page Top